2021年8月22日オンライン会議のお知らせ

日時:8月22日(日)13:00〜16:00

会員限定、ZOOM会議

プログラム ※予定

1.専門家の講演

 地質学者 塩坂邦雄氏 山林開発と土砂災害の問題について
 再エネ問題に取り組む弁護士(出演交渉中)

2.各地の問題の情報交換

3.国への要望や今後の活動についての意見交換

参加申込

申し込み締め切り8月21日17時まで。

参加申込みフォームはこちら

今回は原則、会員である団体とその構成員のみの会議とさせていただきます。
ご入会の登録がまだの団体はお手数ですがは、規約を確認いただき入会申込書をお送りください

規約と入会申込書はこちら

全国再エネ問題連絡会にご参加ください!!

大規模な森林伐採を伴うメガソーラーや風力発電が貴重な自然を破壊し、土砂災害を誘発するとして全国で問題になっています。
全国再エネ問題連絡会は、この問題に取り組む団体が連携し、自然環境の保全や地域住民の安全安心な生活と両立する再生可能エネルギー事業を実現するために、国の制度を変えることを目的にした全国ネットワークです。

“全国再エネ問題連絡会にご参加ください!!” の続きを読む

「宇久島の生活を守る会」など約30団体が参加

長崎新聞(2021年7月19日版)

2021年7月18日、オンライン会議(ZOOM)による「全国再エネ問題連絡会」が開催され、同会が今後も継続的に活動していくことを確認しました。

今回のオンライン会議は周知期間が短かったにも関わらず全国から約30団体もの参加があり、法律、電気、自然などに関する専門家も多く参加しました。

「再エネ問題」を共有する全国的な連絡会が発足

伊豆日日新聞(2021年7月17日版)

全国26県、30を越える団体による全国的な連絡会が発足しました。

この会の活動目的は、全国でメガソーラーや大規模風力発電などの問題に取り組む団体が連携して、再生可能エネルギー開発に対する国民の声を国及び関係機関へ届けることにより、自然環境の保全や地域住民の安全安心な生活と両立する再生可能エネルギーの推進を実現する制度をつくること。

具体的な活動内容は、国、議会、地方自治体及び関係機関への政策提言や、各地の活動の情報交換などを予定しています。

全国再エネ問題連絡会オンライン会議のお知らせ

全国でメガソーラーや大規模風力発電問題に取り組む団体が連携するための連絡会を発足します。ご関心のある方はぜひご参加ください。

日時:2021年7年18日(日)13:30〜15:30
場所:オンライン(ZOOM)開催

要・事前申込み
事前に下記の内容をご記入の上、メールでお申し込みください。

・お名前
・お住まいの県名
・所属団体名
*団体の代表の方には、会議で自己紹介をお願いしますので、その旨明記して下さい。

メール宛先:saiene@kumamori.org

申し込み締め切り7月17日17時まで。

問い合わせ先
0798-22-4190
(一般財団法人日本熊森協会まで)