「風力発電を地域から考える全国協議会」設立

北羽新報(2022年5月16日)

昨年7月には太陽光、風力発電の大規模開発をめぐる全国組織「全国再エネ問題連絡会」が発足。40団体が参加し、今回の風全協と重複参加もある。風全協の佐々木邦夫共同代表(54)は「再エネ連絡会との連携も検討していきたい」と話す。

風力発電の大規模開発めぐり全国組織設立 「地域のエネルギー考える」(産経新聞)

石川和男の危機のカナリア(4)「法定買取期間を延長しないと目標達成は無理?!」

石川和男
太陽光は最初のグラフにも最初の表にもありましたように、再生エネルギー5つの再生エネルギーの中で最もグーッと増えてきて、かつ2030年、さらにその向こうの2050年ではもっと入れていこうという、再エネの中の主役みたいなかたちになっているんです。
でも、きょうお二人の話を聞いていて、ものすごく問題点がある。
“石川和男の危機のカナリア(4)「法定買取期間を延長しないと目標達成は無理?!」” の続きを読む

「東北の山の今と未来を考える」開催のお知らせ

終了しました。

クラウドファンディングにご協力ください。
東北の山々の豊かな自然と地元の人々の安全安心な暮らしを守りたい(READYFOR)

“「東北の山の今と未来を考える」開催のお知らせ” の続きを読む