太陽光発電設備の規制に関する条例

「道府県条例は5条例、市町村条例は172条例である。都道府県条例は、兵庫県、和歌山県、岡山県、山梨県及び山形県の5条例である。市町村の172条例を都道府県単位で制定市町村数の多い順に見ると、静岡県が21、長野県が19、茨城県が16、栃木県が11、北海道及び群馬県が各9、岐阜県、京都府及び岡山県が各6、宮城県、兵庫県、和歌山県及び愛媛県が各5などとなっている。首都圏周辺の自治体で多く制定されているが、条例制定の動きは、全国各地の自治体に広がってきている。」(下記リンク先からの引用)

都道府県および市町村の条例一覧
太陽光発電設備の規制に関する条例(一般財団法人 地方自治研究機構)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。