住民運動を盛り上げた「Looopソーラー対策協議会だより」の紹介

2020年6月18日、長野県の霧ケ峰でメガソーラーを計画していたLooop社は、環境アセスの終了を直前としていたが、住民の運動の高まりなどから、その計画を断念し撤退を表明しました。

その計画を中止させる原動力となった「Looopソーラー対策協議会だより」全37号を公開します。

 


参考情報
諏訪メガソーラー撤退と環境アセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。