平群町メガソーラー計画地の「盛り土」に産業廃棄物が混入

奈良県平群町で進められている「メガソーラー建設計画」。山々を削って盛り土をしてソーラーパネルが設置される予定ですが、12月末に現地を訪れると新たな問題が見つかりました。パネルを設置するために盛り土される予定の土の中から“コンクリート片やガラス片”などが見つかったのです。現地調査をした専門家は「産業廃棄物が埋まった危険な土地である可能性」を指摘しています。現場では一体何が起きているのでしょうか。

MBS「憤マン」2022年1月10日(月)放送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。