日本維新の会との話し合い

全国再エネ問題連絡会の質問状を受け取る片山虎之助共同代表

全国再エネ問題連絡会の共同代表らは、日本維新の会に訪れ全国のメガソーラーや風力発電に伴う健康被害や自然破壊の実態などを報告しました。

片山氏は「再エネ推進は急ぎ過ぎた。この機会に自然環境や動植物の保護との調和をやならければならない」「国会で取り上げていく」と話しました。

片山大介衆議院議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です