仙台市太白区のメガソーラーを考える会設立へ

河北新報(2022年8月29日版)

山林に大規模メガソーラー計画が浮上

事業者による説明会では「行政も前向きで、国も後押ししている」と言及。しかし、それは数年前の話で現在は森林伐採を伴うメガソーラーには、もはや社会的意義はありません。

2022年8月20日、地元では有志による勉強会が開催され、全国再エネ問題連絡会の安藤哲夫共同代表も登壇し、全国でトラブルが相次いでいる現状を報告しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。