熱海太陽光は違法、市職員が認める

熱海土石流起点近くの太陽光発電施設について、熱海市職員が違法状態であることを認めました。

静岡新聞(2022年8月26日版)

これほどまでの大惨事の原因の一因となった施設の違法が明らかになったにも関わらず、FIT認定は未だに有効のまま発電事業は続けられています。

再エネ賦課金を負担している国民にとって到底許されることではありません。

関連記事
熱海の大規模土石流、独自調査に動く細野豪志衆院議員を直撃 「盛り土が関連している可能性が高い。メガソーラーも実態調査が必要」(夕刊フジ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。