ディーエスエス社長ら逮捕

朝日新聞(2022年8月18日版)

全国で規制のがれの意図的な分割開発や、工事での無断造成や樹木の無断伐採などが問題視されているメガソーラー事業者のディーエスエスの木下誠剛社長らが、産廃を埋めた疑いで逮捕されました。


ディーエスエス関連の主なニュース

→ 【愛知県】「地元の意向に従う」 太陽光発電計画、業者が縮小・撤退案など提示

【三重県】太陽光発電事業地に木片、プラスチック片…不法投棄か、三重県が調査

【岐阜県】事前届で「一体開発」指摘 太陽光発電の大規模開発免れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。