北海道伊達市「大滝そよ風の会」は巨大風力発電計画に反対

北海道新聞(2022年6月15日版)

北海道伊達市大滝区にオリックス(株)と関西電力が計画する風力発電計画を「大滝そよ風の会」は反対しています。

北海道伊達市大滝区

この計画は地上から160メートルもの巨大風車をオリックスが45基、関西電力が19基も建築するものです。

「大滝そよ風の会」はこの計画地が重要な分水嶺であること。土砂災害警戒区域が入っていること。自然生態系及び景観への影響。健康被害についての懸念などの理由で反対しています。

詳しくは下記をご覧ください。
北海道の母なる清流の一つ-尻別川がピンチ-長流川もピンチ-分水嶺での国内最大級-巨大風力発電計画を止めたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。