悪質事業者の住民説明会の実態

本来、地元の理解を得るために開催されるはずの住民説明会。
ところが実際は暴力、住民排除、記録禁止など、既成事実を作るためだけの異常な“説明会”が全国で横行しています。

“悪質事業者の住民説明会の実態” の続きを読む

北海道伊達市「大滝そよ風の会」は巨大風力発電計画に反対

北海道新聞(2022年6月15日版)

北海道伊達市大滝区にオリックス(株)と関西電力が計画する風力発電計画を「大滝そよ風の会」は反対しています。

“北海道伊達市「大滝そよ風の会」は巨大風力発電計画に反対” の続きを読む

太陽光事業者が市議会議員に暴行

山梨日日新聞(2022年7月16日版)

2022年7月14日、山梨県北杜市で株式会社エヌエスイーが計画する営農型太陽光発電施設の住民説明会において、参加していた高見澤氏(北杜市議会議員)が事業者から暴行を受け北杜警察署に傷害罪被害届を出し受理されました。

事業者は「計画を納得してもらえなかったため、思わず腕に触れてしまった」と取材に応えていますが、実際は同議員は打撲と尺骨神経を痛めたという診断結果を受けています。

この説明会は多くの人が集まったにも関わらず、わずか3名しか入場が許されないなど異常なものでした。

関連記事
被害届が受理されました(高見澤伸光オフシャルブログ)