太陽光事業者が市議会議員に暴行

山梨日日新聞(2022年7月16日版)

2022年7月14日、山梨県北杜市で株式会社エヌエスイーが計画する営農型太陽光発電施設の住民説明会において、参加していた高見澤氏(北杜市議会議員)が事業者から暴行を受け北杜警察署に傷害罪被害届を出し受理されました。

事業者は「計画を納得してもらえなかったため、思わず腕に触れてしまった」と取材に応えていますが、実際は同議員は打撲と尺骨神経を痛めたという診断結果を受けています。

この説明会は多くの人が集まったにも関わらず、わずか3名しか入場が許されないなど異常なものでした。

関連記事
被害届が受理されました(高見澤伸光オフシャルブログ)

なぜ、山梨県北杜市は市民の生活を守らないのか?

申請したものは全部設置?!
太陽光パネルの乱立から市民を守れない脆弱な条例

「太陽光パネルの乱立から里山を守る北杜連絡会」からのメッセージ
「地域の理解のない再エネは、規模の大小を問わず問題です。むしろ小規模の場合、参入障壁が低く規制逃れが横行、住宅の隣への設置でも、実質メガソーラーでも、法規制はありません。目先の利益のためだけに地域の住環境・自然環境が蝕まれていく現状を、まずは知ってもらうことから。」

チラシ折り作業をする里山連絡会

太陽光パネルの乱立から里山を守る北杜連絡会

山梨県知事「極めて社会的不誠実」

「その命令に従わない場合は、刑事告発も含めまして、しっかりした対応を行うとともに、林地開発許可自体の取り消しということも、行政手続法に基づいて行うことが視野に入って参ります」

知事臨時記者会見(令和3年11月12日金曜日)

“山梨県知事「極めて社会的不誠実」” の続きを読む

山梨県知事と面談、ブルーキャピタルの杜撰工事を指摘

2021年11月12日、全国再エネ問題連絡会の山梨県の会員および、山口共同代表らは山梨県庁を訪れ長崎幸太郎知事と面会し、菖蒲沢のメガソーラーに関する情報共有を行いました。

“山梨県知事と面談、ブルーキャピタルの杜撰工事を指摘” の続きを読む